吉田宏司のプライベートサイト『吉田宏司の庭』開設!

ジープ島について

JEEP ISLAND
ジープ島を知る

はじめに

ジープ島はブルーラグーンリゾート所有の島です。
約20年ほど前にブルーラグーンリゾートオーナーであるキミオ=アイセックから当代表の吉田宏司が開拓の許可をもらい誕生した島です。開島後はコテージを建て、ヤシの木や珊瑚を育て、現在のような景観となりました。以来観光客が訪れるようになりブルーラグーンリゾートの目玉スポットの1つになっています。

photo by MIYACHI

 

 

何もない贅沢を味わう

透き通る海、
ヤドカリの歩く砂浜、

空に向かって伸びるヤシの木。

誰もがイメージするあの南の島が実際にあるとしたら、

訪れてみたくなりませんか?


力強いパワーを持つ太陽が西から昇り、永遠に続くかと思われる朱色の夕焼けが東へ沈んだあとは、煌めく星たちが頭上に輝く…。そんな当たり前のことを感じることが少なくなってきている現代。
あなたの心を、体を癒せる場所がジープ島です。訪れた人を優しく迎え入れ、心地よい距離感と優しさであなたを包んでくれます。穏やかな環礁の中にあるので一年中快適に過ごせるのも魅力のひとつです。

ジープ島 基本DATE

◆港のあるウェノ島(モエン島・春島)から南へ船で30〜40分程。
◆直径34m
◆年間平均気温30℃
◆水温28〜30℃
◆12〜4月乾季、 6〜10月雨季(朝晩スコールが降る可能性があり)
◆生活水は雨水を利用
◆シャワーはひとりバケツ一杯のお水を大事に使用します。
◆スコール後はダブルレインボーの出現率が高いです。
◆穏やかな環礁の中にあるので一年中快適にすごせます。
◆食料・氷は毎日スタッフがウェノ島から運びます。

ジープ島の施設

基本的なものは揃っているので安心。

自家発電の電気を18時から数時間利用できますのでデジカメの充電など大丈夫。

2つのコテージがジープ島にはあります。
ジープ島に宿泊できる人数は最大で15名(貸切OK)となっており、男女別に別れたコテージにて相部屋となります。

ジープ島のお風呂バケツ一杯の水を
大切に使います。

ジープ島の貯水タンク貯めた雨水を生活水として
利用しています。

ジープ島のトイレトイレで使用した紙は
流さずゴミ箱へ。

ここに集まってご飯を食べたり、談話したり憩いの場所です。

ジープ名物ハンバーグカレー♪

朝から盛り沢山♫

お湯とコーヒー・ミルク・砂糖あり、ご自由にお飲みいただけます

冷えたドリンクも飲めます♬

 

ジープ島を拠点に

ジープ島アクティビティはこちら

タイトルとURLをコピーしました